浜松市連とは

 

昭和61年、浜松市の中心商業地の活性化を目指して、10月に「浜松秋まつり」が発足。
そのときのメイン行事として、「浜松阿波踊り」がスタートしました。この「浜松阿波踊り」に参加するため、浜松市役所職員により「浜松市連」を立ち上げました。
当初は、「東京高円寺阿波踊り振興協会」より教えをいただき、見よう見真似で阿波踊りを始めました。足掛け30年の歴史をもち、現在の会員数は65名。うち、20~30名にて各地の阿波踊り大会とイベントに多数参加しています。
主な出演として、7月には、東京新宿の神楽坂阿波踊り大会 8月には愛知安城七夕まつり、東京高円寺阿波踊り大会 12月は東部協働センターまつりなどというところです。年間15~20回の出演をしています。
躍動感あふれる阿波踊りを目指して、お客様に「夢と希望と感動」を味わっていただくことに心がけ、練習に精を出しています。
しなやかな女踊り、力強い男踊り、迫力のあるなりものが浜松市連の売り物です。
お客様の拍手と声援が何よりの励みとなります。ご声援よろしくお願いします。